デーブ・スペクターとミルクボーイの共通点!


うそでしょ!!笑

デーブ・スペクター

テレビプロデューサータレントデーブ・スペクターが自身のツイッターより、お笑いコンビミルクボーイに関するツイートを投稿。両者の意外な共通点を明かし、話題を呼んでいる。

■意外すぎる過去

デーブは6日に「M-1優勝者ミルクボーイの『コーンフレーク』ネタは最高です!」とツイッターからベタ褒め。同ツイートには「自分も子役時代の『コーンフレーク』ネタをアップします」と綴られているほか、幼少期のデーブが出演するコーンフレークのCM映像が添付されている。

デーブといえば日本人顔負けの流暢な日本語と親父ギャグが特徴的だが、映像からはかわいらしい口調で英語を話す利発そうな少年の姿が確認できた。

関連記事:『24時間テレビ』批判のデーブ・スペクター ダジャレまみれでも説得力あり?

■共通点に対してファンは…

ミルクボーイといえば、『M-1グランプリ 2019』にて、コーンフレークをネタにキレッキレの漫才を見せてくれた同イベントの王者。デーブミルクボーイの間に「コーンフレーク」という共通項があったことに驚いたファンは多かったようだが、それ以上にデーブの変わりっぷりに驚いた人が多い模様。

コメント欄を見ると、「デーブがめちゃくちゃ可愛くて驚いた」「ウソでしょ…? デーブが英語喋ってる」といった声が多数寄せられている。中には「英語喋ってるからこれはデーブじゃないな」という「偽物説」を主張するコメントも。

■幼少期と今

その変貌ぶりで多くのファンを驚かせたデーブしらべぇ編集部が以前に全国の20〜60代の男女1,376名を対象に調査を行なったところ、「子供の頃に思い描いていた自分の未来と、今の現実は違う」と答えた人は全体の59.8%と判明している。

子供の頃と今の現実

デーブ自身の思い入れも強かったであろうコーンフレークだが、今や完全にミルクボーイの代名詞に。ひょっとしたらデーブも、時の流れもヒシヒシと感じているのかもしれない。

・合わせて読みたい→ミルクボーイ、M−1史上最高得点で優勝 「優勝すると思ってなかった…」

(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2016年7月22日2016年7月25日
対象:全国20代~60代の男女1,376名 (有効回答数)

デーブ・スペクターとミルクボーイの共通点に「ウソでしょ…?」の声


(出典 news.nicovideo.jp)