負けられないね!!

NO.8212088
「アンチにも観て欲しい」秋山成勲、たゆまぬ努力で“生き様を体現”するリングへ
「アンチにも観て欲しい」秋山成勲、たゆまぬ努力で“生き様を体現”するリングへ
2月28日にシンガポールで開催されるONE Championship「ONE: KING OF THE JUNGLE」。

新型コロナ・ウイルスの感染拡大を受けて無観客試合での実施を発表し、社会的にも注目を集めているイベントに、44歳の秋山成勲が参戦する。

8カ月前、4年ぶりの総合格闘技への復帰戦でマレーシアのアギラン・タニに3-0の判定で敗れた秋山。

43歳での再挑戦、しかも自身より20歳も若い新進気鋭の選手との対戦。

年齢やブランクといった言い訳を抜きに、愚直に戦いに挑んだ「格闘技ストーリー再始動」に試合後、同じくONEで活躍する青木真也は「彼の必死に戦った気持ちが伝わりました。ちゃんと(身体を)つくってきたしノレる。勝つことに必死だった」と健闘を讃えた。

そんな秋山が8カ月ぶりとなるシンガポールでの復帰戦に向け、近況や過酷な身体づくりの舞台裏、さらに格闘界で物議を醸した“過去の事件”についても心境を明かした。

練習中に右足を負傷したことを告白しつつ、試合に向けて徹底的に身体をイジメ抜く秋山は、いつにも増して身体が動いていることを実感しているようだ。

一方で「もう一段階上がっていこうという時に足を怪我してしまった。若い頃ならここからもう一回上がれたのが、上がれないのは年が引っ張っているのかな……」と悔しさも。

とはいえONEとの契約が続く3年後の47歳までは挑戦し続けることを断言。

さらに「できるのであればその先も」とモチベーションは高い。

ONE契約選手の中で最年長にあたる秋山は己を磨き、挑戦を続けているが、日本の格闘ファンの間では未だに、2006年、桜庭和志との試合での失格処分を引き合いに出したアンチコメントが多い。

当時厳しい処分を受け、すでに14年が経過。

その間にアメリカUFCに9年間参戦、昨年からONEへと戦いの場を求めてきたが、「秋山=ダーティー」というイメージを払拭した人もいれば、未だに引きずっている人が少なからずいるのも事実だ。



【日時】2020年02月22日 18:40
【ソース】AmebaTIMES
【関連掲示板】





#13 [匿名さん] :2020/02/22 20:27

あの反則負けがすべて
正々堂々とやればよかったのに
今更だよね〜


#14 [匿名さん] :2020/02/22 20:27

あのぬるぬるは酷かったよな
桜庭試合中も何度もアピールしたのに。最初乾燥肌だからクリーム塗ったとか嘘こいて


#22 [匿名さん] :2020/02/22 20:30

“秋山”って、アッチ系に多いよね💦


#29 [匿名さん] :2020/02/22 20:35

>>22
ロバート秋山もか?


#43 [匿名さん] :2020/02/22 20:43

てっきり引退してローション関連に就職してると思ったわ


#54 [匿名さん] :2020/02/22 20:48

>>43
ペペローションの開発顧問やってるよ!


#46 [匿名さん] :2020/02/22 20:45

ダーティってイメージと言うが、イメージじゃなく実際ダーティじゃん 身体中にローション塗りたくってたんだからさ😔


#58 [匿名さん] :2020/02/22 20:49

もう 14年も 経つのか…
どうりで すべる はずだ


#76 [匿名さん] :2020/02/22 21:04

日本に帰化し、釜山アジア大会に出場・優勝した際、韓国のマスコミに対し
「柔道のために日本国籍を取りはしたが、私は永遠に韓国人だ。私を声援してくれた同胞たちに感謝する」
とインタビューに答え、かえって韓国のマスコミの批判・バッシングを受ける結果となった。


#86 [匿名さん] :2020/02/22 21:14

生き様だの何だのカッコいい事を言っても、彼には『正々堂々と闘えない惨めな卑怯者』というイメージしかない


#97 [匿名さん] :2020/02/22 21:25

ほとんど反日に対するアンチ
でしょ!
並々ならぬ努力…って
よく韓国人が使う言葉だよね。(笑)
世界的に韓国人は嘘つく人種
だから信用はどうか?