すごい時代きたな!

NO.8313823
知られざる「個人撮影AV」ブームの実態 “古株”制作者兼男優が打ち明けた
知られざる「個人撮影AV」ブームの実態 “古株”制作者兼男優が打ち明けた
男性の欲望を満たす性的動画で今、「個撮(個人撮影)」と称されるジャンルが急速に存在感を増している。

従来の、主に法人組織によって制作されたアダルトビデオ(AV)とは異なり、1人、もしくは数人によって制作される動画で、DVDなどにパッケージ化するのではなく、ネット配信のみで稼ぐ。

その実態はこれまでのAV業界以上に見えにくく、出演トラブルなど逮捕事案も発生している。

今回インタビューに応じたのは、これまで5年以上副業として「個撮」を続けているA氏(男性、50代)。

A氏は男優役として自ら出演しながら撮影し、その後の編集、モザイク処理、配信までをこなす。

ほかの同業者とも交流があり、新規参入したいという若者にノウハウも伝えてきた、この業界では“古株”ともいえる存在だ。

A氏の証言を通して「個撮」の世界の内実を明らかにしたい。

ツイッターで“女優”募集、報酬は現金払い

――まず、「個撮」に出演する女性をどのように募集しているのでしょうか。

「僕の場合は、主にツイッターです。『動画に出てくれるモデルを募集している』とアカウントに書き、出演条件の詳細は『固定されたツイート』に設定して、常時掲載するようにしています。そうするとポツポツと、ツイッター経由でメッセージが入ってきます。私が始めた6、7年くらい前は、ツイッターなどのSNS以外に、出演する女性とカメラマンをつなぐために設置された、ネット掲示板を使っていました。その書き込みに、女性側が『追加あり』『オプションあり』などと書いている場合は、キスやそれ以上の性行為などができることが多かった。出演してくれた女性の年齢層は幅広くて、20歳から上は60代まで。私の場合は、20歳以下の女性は対象にしていません。新規の女性を獲得しつつ、馴染みになったモデルの女性も撮影しています。月2回ぐらいは撮影しています。従来のAVには、作品として物足りない思いをずっと持っていました。また、自分だけしか創作できない何らかの作品を発信したい気持ちも強かった。私が40代の頃、ビデオカメラが進化し、テープからデジタルになりました。撮影やモザイク処理などの編集が楽になったことから、個撮を始めました。以来、マイペースで個撮を続けています」

――未成年ではないかどうか、年齢確認はどのようにしていますか?

「女性には顔写真が入った運転免許証や学生証を手に持ってもらった状態..



【日時】2020年03月28日 17:15
【ソース】文春オンライン
【関連掲示板】





#3 [匿名さん] :2020/03/28 22:11

ネットでいくらでも見れるのにいまだにモザイク処理してる意味がわからん


#21 [匿名さん] :2020/03/28 23:43

ブームきたな!


#30 [匿名さん] :2020/03/29 01:15

1回の撮影で、たったの5万から6万円しか貰えないのにAV嬢するってアホなのか
永遠に動画が残り続けるのに
普通の仕事で稼いだほうが賢いわ